青春音楽館トップページへ

「ひと足遅れの春」―とんぼちゃん

   ひとつめくり忘れた暦が
   寒そうにふるえ 柱に張りついている

子どもの頃、「暦の上では、もう春になりました…」なんて、ラジオのアナウンサーのおじさんの声がすると、畳に広げた、暦の上に乗って、春を実感しようとした人も多いでしょう…えっ、そんな人、おらんやろうってか。(笑)

それじゃ、「母は全てを暦に刻んで流してきたんだろう…」なんていう、テレビドラマの主題歌が流れると、台所のまな板に、暦を乗せて、暦を切り刻んだ人も多いでしょう…えっ、そんな人、おらんやろうってか。(笑)

まあ、暦の上でも、下でも、暦を刻んでも、すりつぶしても、やはり時は流れていくものですわ。(笑)

しかし、考えてみると、暦をめくり忘れるというのは、その暦をあまり利用していないからか、もしくは見ていないから、ということになりますね。

まわりの時は流れているのに、その人のこころの中の時が止まってしまえば、やはり、こころの中に張られた暦もめくり忘れられてしまいます。

   冬の間君からの手紙が何故か
   来ない ままで 季節はめぐるよ

待たせるときより、待つときの時間は長い、そう感じることが多いと思います。

また、待つとき以外にも、時間の経つのが速い、遅いと感じることも、しばしば経験することです。

もちろん、時間がほんとに速くなったり遅くなったりしたら、電車さんはいつ駅に着いたらいいのか悩むだろうし、カラオケボックスの店員さんはいつ延長しますかって電話したらいいか困ってしまいます。(笑)

ところで、時間って、どうやって決められているかご存知でしょうか。

地球の自転をもとに決められている?
学校で、そう習った人も多いでしょう。

いや、地球の自転には季節変動や経度変動などがあるので、地球の公転に基づいているはず。
そう、学校で習った人もいるでしょう。

みなさん、むかしの学校ですからね。(笑)

昭和31年(1956年)に、地球の自転から地球の公転に基づいて、時間が定義されるようになりました。

そして、昭和42年(1967年)には、より正確に時間を定義するために、いわゆる原子時計と呼ばれる、セシウム原子の固有の周期に基づくことになりました。

すなわち、一秒とは、セシウム133の原子の基底状態の2つの超微細準位の間の遷移に対応する放射の周期の9,192,631,770倍に等しい時間ということに決められたのです。

分かりましたか?

マスター(館長)も、むかしなら分かったでしょうが、はいいまは、時は流れて、もうついていけません。(笑)

ともかく、季節がめぐることをいうならば、化学や物理はおいといて、古典のこの句です。

     月日は百代の過客にして
     行きかふひともまた旅人なり  芭蕉

こちらの方が、深い意味は分からなくても、やはり、なんとなく納得ですね。(笑)

そう、時の流れの中で、行き交った人々も、また旅人として、出会いと別れを繰り返していきます。

もっとも、手紙が来ない、逆にいえば、手紙を出さないというのが、相手が選んだ切ないメッセージであるということに気がつくのに、また長い時間を必要とするものなんですね。

青春時代をはるかに見下ろせるようになった頃に、ようやく気がつくなんてこともあるようです。

   去年までのふたりは今頃
   おなじこたつを囲んで話したものさ
   二年たったらふたりで暮らそうなんて
   そんな 事を 夜更けになるまで

そう、狭い部屋にあるこたつの中では、ふたりとも、同じ時間が流れていました。
そして、二年という月日も、そのときはふたりとも同じ長さと感じていたはずです。

そう、そのときは、待てるはずの時間だったのです。

でも、それはあくまで同じ条件の下で、そして、質量共になにも変化しないという前提のもとでです。

誤差の程度が30万年から170万年に1秒以下と高精度のセシウム原子時計も、一定の温湿度や電磁界シールドなどの厳重な環境管理の下でのみ、その精度が保証されるのです。

   君とはなれて暮らす月日が
   いつか二人の 心を隔ててしまう
   手紙ひとつ書き終える その度ごとに
   きみは 遠く なっていたのです

ところで、いわゆるテレビゲームソフトの分野で「ときめきメモリアル」(略して「ときメモ」)などの恋愛シミュレーションゲームが流行ったことがあります。

1990年代後半でしたので、いくらゲーム好きのマスター(館長)でも、この流行にハマルには、時すでに遅しでしたが。(笑)

この流行現象をゲームの中でのバーチャルな擬似恋愛しかできない、対人的に未熟な若者の増加という嘆かわしい社会現象として、論じられる向きもありました。

ところで、ソフトとして、プログラムとしてみるときに、これらのゲームに共通のパラメータ(引数)があるのに気がつきます。

マスター(館長)も、専門分野外ですし、みなさんも、パラメータっていわれても、ガスメータくらいしか見たことないでしょうから、パラメータの説明するのは省略しておきます。(笑)

ともかく、これらの恋愛ゲームに共通している要素は、会う頻度と、会っている時間の長さが、ゲームの中での恋愛成就のカギになっているということです。

逆にいえば、会えなくなって、会っている時間が短くなると、成就せずにゲームオーバーとなります。

これは、バーチャルな恋愛ゲームに限らず、現実の恋愛においても、共通の要素ですね。

   遠くで暮すことが
   二人に良くないのはわかっていました
                      「心もよう」―井上陽水

   遠く離れてしまえば
   愛は終わるといった  「心の旅」―チューリップ

もちろん、遠距離恋愛という言葉もあるとおり、必ずしも遠くで離れて暮らすことが、即、恋愛がダメになることでもないでしょう。

   逢ひみての後の心にくらぶれば
   昔はものを思わざりけり
                 「古今和歌集」−藤原敦忠

募る想いを温めての恋愛もあるでしょう。

   ひと足遅れの春のにおいが
   いつかこの街にも届いたけれど
   君との暮らしをなくした僕は
   凍るような風の中

でも温めきれずに、冷めてゆき、凍るような風の中を歩いているような心地がするときも、やはりあるでしょう。

でも季節は春です、ひと足もふた足も遅れたって、やはり春は訪れるのです。

春のにおいを感じ取れるようになったら、いずれにしても、春の訪れなのです。

そんな春の風に、ふわっと、たんぽぽの綿毛のように、身を任せてみてはいかがでしょうか。



とんぼちゃんは、秋田県立能代高校の同級生だった、通称トヨの伊東豊昇さんと、通称ヨンボの市川善光さん二人で組んだフォークデュオでした。

昭和49年(1974年)に、「貝がらの秘密」でデビューし、その後、この「ひと足遅れの春」がヒットします。

昭和52年(1977年)に、「とんぼちゃん」から「とんぼ」にグループ名称を改名していますが、昭和57年(1982年)に解散しました。

N.S.Pの平賀和人さんのプロデュース、メインボーカル、作曲担当の市川善光さん監修のもとで、とんぼちゃんの歌が復刻されていますが、復活はされていないようです。

(初稿2006.4 未改訂)


ひと足遅れの春

作詞 竜 真知子
作曲 市川 善光

ひとつめくり忘れた暦が
寒そうにふるえ 柱に張りついている
冬の間君からの手紙が何故か
来ない ままで 季節はめぐるよ

去年までのふたりは今頃
おなじこたつを囲んで話したものさ
二年たったらふたりで暮らそうなんて
そんな 事を 夜更けになるまで

ひと足遅れの春のにおいが
いつかこの街にも届いたけれど
君との暮らしをなくした僕は
凍るような風の中

君とはなれて暮らす月日が
いつか二人の 心を隔ててしまう
手紙ひとつ書き終える その度ごとに
きみは 遠く なっていたのです

ひと足遅れの春のにおいが
いつかこの街にも届いたけれど
君との暮らしをなくした僕は
凍るような風の中

ひと足遅れの春のにおいが
いつかこの街にも届いたけれど
君との暮らしをなくした僕は
凍るような風の中

1975年(昭和50年)
「青春音楽館」トップページへ