青春音楽館トップページへ

「花ぬすびと」―明日香

   花ぬすびとの伝説が
   別れ話のはじまりでした
   私が話す伝説を
   貴方は笑って聞き流す

「花ぬすびとは風流のうち」という言葉があります。

人の家の庭先に咲く桜の花の枝を折って、持って帰ろうとした人がいても、それは花の美しさに引かれた風流心からであるから、それを見咎めて、とやかく言わずに大目に見てやりなさいというほどの意味です。

確かに、花を愛する風雅の心から、花を一枝、花一輪を盗んだからと言って、声を荒げて、盗人(ぬすっと)呼ばわりするのは酷かもしれません。

しかし、法律的には、もちろん、この行為は窃盗罪の構成要件に該当します。

   刑法第235条【窃盗】
     他人の財物を窃取した者は、
     窃盗の罪とし、十年以下の懲役に処する。

もっとも、法律の条文がこのように規定されているからといって、ただ杓子定規に適用されるのであれば、法律相談所に行列はできません。(笑)

もし検察官がこの罪状により起訴したとするならば、おそらく弁護士は、犯罪として刑罰を加えるに値する程度の違法性、可罰的違法性があるかないかを論証していくでしょう。

そして、おそらく花ぬすびとは風流心からの行為であり、財物といえど経済的な価値はほんの些少なものであり、可罰的違法性はないから、犯罪の構成要件を欠くとして無罪を主張すると考えられ、また、おそらくは、裁判所もこれを認めるものと思われます。

しかし、ある公園の花の管理を担当している方に聞くと、花ぬすびとが増えるのは、花の盛りの頃ではなく、春や秋の花壇の植え替えの時期だそうです。

植えたばかりの花の苗や、植木ごと、根こそぎ盗まれるときもあるそうです。

自衛のために巡回して、花ぬすびとを捕らえてみると、自転車(ママチャリ)に乗ったご婦人か、犬を散歩させているご婦人が多いそうです。

自転車の前カゴの買い物袋や、犬の糞の始末のための袋に入れて持ち帰るそうです。

そして、それを見咎めて注意すると、これはホームセンターで買ってきたものと、見え透いたシラを切りとおすか、あるいは開き直って、花ぬすびとは罪にならないのよ、と主張するのだそうです。

なんか、違うやろが…って思いませんか。

   ごめんね ごめんね ごめんなさい
   ごめんね ごめんね ごめんなさい

ドストエフスキーの長編小説、罪と罰を持ち出すまでもなく、可罰的違法性が軽微だから、罰せらないということと、罪を犯していないということとは、同じではありません。

少年が少年法の規定により、刑罰が減軽されるとしても、悔い改めて罪を償っていくことまでが、軽減されるものではないのと同じです。

そして、罪の償いは、刑罰に服する以上に、なによりもまず、心からの謝罪から始まるべきです。

     この春は 花の下にて縄つきぬ
       烏帽子桜と 人や見るらん
                        「花盗人」  狂言

その昔、あまりの桜の美しさに,その枝を折り取ろうとして捕らわれて、桜の木に縛りつけられながら、このような和歌を詠める風流な心が、盗人として縄を打った人の心を動かしたからこそ、許されたのです。

けっして、花ぐらいなら盗んでも構わないだろう、一枝くらいならいいだろう、ということではないのです。

花ぬすびとは罪にならない、と開き直って主張する母親に育てられた子どもはどう育つのでしょうか。

笑って聞き流せないはなしです。

そういえば、新規に開店した店先に飾られる開店祝いの花も、最近は、開店を待たずして、店先に並べられたと同時に持ち去っていく人が多いそうです。

もともとは、あくまで開店に際して、多くの客が絶え間なくやって来て、飾り花を一輪づつ、持ち帰っていくという、千客万来を寿ぐ風習として、持ち帰るのが許されるのに、自己中心的な考えで、客にもならずに花だけ持ち去っていくようになってきました。

     誰かを喜ばせようとして
     盗んできた花をあげても
     花がかれるよりも先に
     愛はかれてしまう
              「キミノイイトコロ」  槇原敬之

このままでいけば、結婚式のウェディング(ブライダル)ブーケも、挙式後、後ろ向きに立った花嫁が、独身女性に向かって投げるブーケトスを待たずに、略奪していくような習慣ができそうですね。(笑)

   あなたは私のひざの上
   白河夜舟の波枕

京を見たふりをした者が、京の白川(白河−東山祇園界隈)のことを問われて、川の名と思って、夜船で通ったから知らないと答えたことから、実際には見ないのに、見たふりをするようなことを、白河夜船(しらかわよぶね)といいます。

転じて、ぐっすり熟睡してしまって、何が起こったか知らない、気づかない様子のことも意味します。

まあ、知らぬが花とも言います。
そして、花ぬすびとですから…、
知らぬは亭主ばかりなりとも言いますか。

…と、まあ、このあたりから、やはり、おおかたの皆さまのご期待に沿いまして、いよいよ、もうひとつの「花ぬすびと」の話題に入らねばなりません。(笑)

…というか、そもそも、こっちの方の「花ぬすびと」の方が、やはり、この歌の本旨かもしれません。
隠語とされる、もうひとつの意味の「花ぬすびと」。

しかし、この話題は、幅広い年代、老若男女、善男善女がご訪問される「青春音楽館」ゆえに、避けれるならば、避けて通りたかった白河夜船。(笑)

   二度咲き 夢咲き 狂い咲き
   季節でないのに花が咲く
   二度咲き 夢咲き 狂い咲き
   人の心も また同じこと

春には春の、秋には秋の、それぞれの季節に似つかわしい花が咲くものでございます。
これが自然の摂理でございます。

しかし、ときとして、人の世のこと、季節に背いて咲く花にも、また魅かれることがございましょう。

   白樺めばえる 春の日に
   秋の花が欲しくなる

春の日の柔らかな日差しの中で、桃や桜などの淡い暖かみのある花たちに包まれていながら、晩秋の小春日和の穏やかな日差しの中に、凛とした色姿で咲いている桔梗や竜胆の花に、想いを寄せることもまたありましょう。

そしてまた、ときとして、それが溢れ出ずる想いへとつながるとき、伝説が創られるのです。

   人の心に咲く花は
   育ちやすく枯れやすく
   野の草分けて吹く風は
   ぬすびと伝説物語る

頼りげなく野分の風に揺らぐ花、南向きのベランダに咲き誇る花、植物園の温室で咲かされた花、そぼ降る雨に濡れた花、日陰にひっそりと咲く花、名も知らぬ花、花にもいろいろあるでしょう。

しかし、どんな花でも、咲いた花ならば、いつか枯れていくのもまた定めでございます。

   私の花をぬすんだ人は
   野分きのようにかけぬけた

     あなたが私にくれたものは
     あの桜の小枝だけ
     あなたが盗っていったものは
     私のすべて
                  「花盗人」 乃南アサ

   野分きが渡る 秋の日に
   夏の花を追いかける

     ミスター・サマータイム
     さがさないで あの頃の私を
     ミスター・サマータイム
     あれは遠い 夏の日の幻
                「Mr.サマータイム」 サーカス

   ごめんね ごめんね ごめんなさい
   ごめんね ごめんね ごめんなさい
   ごめんね ごめんね ごめんなさい
   ごめんね ごめんね ごめんなさい

謝罪のリフレイン…。

これは、花ぬすびとの謝罪ではないのです。
これは、盗まれた花の謝罪なのです。

知らぬが花…。
もの言わぬ花…。
そして、言わぬが花…。

     秘すれば花なり
     秘せずは花なるべからず
                    「風姿花伝」  世阿弥

だからこそ「花ぬすびと」は伝説なのです。

   二度咲き 夢咲き 狂い咲き
   季節でないのに花が咲く
   二度咲き 夢咲き 狂い咲き
   人の心も また同じこと

でも、自分の心の中に咲く花だけは、いつでも、いつまでも枯れさせたくないものですね。

あなたの花、ドライフラワーになってませんか。(笑)



明日香さんのこの曲「花ぬすびと」は、第23回ヤマハポピュラーソングコンテス(ポプコン)つま恋本選会で優秀曲賞を受賞しています。

この頃になると、ぼくはもう、ほとんどポプコンには興味も関心も失っていたのですが、この曲をはじめて聴いたとき、久々に、ポプコンらしい曲が入賞したなと思いました。

「ごめんね」のしつこいくらいのリフレインと、否応なしに落ち込ませるような暗さが、いかにも伝統的なポプコン入賞曲らしいかなと。(笑)

しかし、そのときのポプコングランプリ受賞曲は、あみんさんの「待つわ」で、きっと女子大生デュオという話題性と健全ぶりっ子調に負けてしまったのですね。(笑)

それでヤマハさんも、これで埋もれさせるのもどうかと思ったのか、同年秋の第13回世界歌謡祭では、この曲をグランプリ受賞曲にしています。

当時、この曲を聴いたときは、明日香さんの少年のような中性っぽい声質の「ごめんね ごめんね」のリフレインフレーズに引きづられてしまって、別れ話が、白河夜船の彼からではなく、彼女の方から持ち出されたという状況設定(シチュエーション)が、どうしても理解できませんでした。

改めて聴きなおすと…やっぱ、女性の方が大人やねんなぁと思ったマスター(館長)くんでした。(笑)

(初稿2004.9 未改訂)


花ぬすびと

作詞/すずきゆみ子
作曲/管美奈子

花ぬすびとの伝説が 別れ話のはじまりでした
私が話す伝説を 貴方は笑って聞き流す
ごめんね ごめんね ごめんなさい
ごめんね ごめんね ごめんなさい
あなたは私のひざの上
白河夜舟の波枕

二度咲き 夢咲き 狂い咲き
季節でないのに花が咲く
二度咲き 夢咲き 狂い咲き
人の心も また同じこと

白樺めばえる 春の日に 秋の花が欲しくなる

人の心に咲く花は 育ちやすく枯れやすく
野の草分けて吹く風は ぬすびと伝説物語る
ごめんね ごめんね ごめんなさい
ごめんね ごめんね ごめんなさい
私の花をぬすんだ人は
野分きのようにかけぬけた

二度咲き 夢咲き 狂い咲き
季節でないのに花が咲く
二度咲き 夢咲き 狂い咲き
人の心も また同じこと

野分きが渡る 秋の日に 夏の花を追いかける

ごめんね ごめんね ごめんなさい
ごめんね ごめんね ごめんなさい
ごめんね ごめんね ごめんなさい
ごめんね ごめんね ごめんなさい

二度咲き 夢咲き 狂い咲き
季節でないのに花が咲く
二度咲き 夢咲き 狂い咲き
人の心も また同じこと

1982年(昭和57年)
「青春音楽館」トップページへ