青春音楽館トップページへ

「遠い世界に」―五つの赤い風船

こんちにわ♪〜、こんにちわ♪〜、1970年の〜♪、こんちにわ♪〜、と、華やか開幕した大阪万国博覧会のテーマ曲のメロディーラインを思い浮かべることができる人なら、多分、幸か不幸か、この歌のメロディーラインもご存知でしょう。(笑)

しかし、この歌が流行った1969年は、日米安保条約の改定年を翌年に控え、学園紛争が活発化した慌しい年でした。
年明け早々の1月には、わが国の最高学府の頂点に君臨する東京大学の改革を旗印にした全共闘の学生たちが、東大のシンボルである安田講堂を占拠し、バリケード封鎖して篭城し、取り囲む機動隊と対峙することになります。

この東大安田講堂の攻防戦の模様は、テレビ実況中継で見た人も多いと思いますが、催涙弾や放水銃などで一斉攻撃され、機動隊に突入されると、あっけなく白旗を掲げ、実力排除されます。
また、この攻防戦における400人近くの逮捕者の中で、東大生は20人足らず、当初立てこもった東大全共闘の学生は、事前に連絡のあった機動隊突入前夜には、ほとんど撤退していたそうです。

やはり、さすがに、賢明な東大生たちです。(笑)
なお、その年の東大入試は中止となり、東大一直線で頑張ってきた受験生には、過酷な措置でした。

   太陽の光でにじを作った
   お空の風をもらって帰って
   暗い霧を吹き飛ばしたい

万博を控えて、日本では、東名高速道路が全線開通し、東京-大阪間が、高速道路で結ばれ、豊かさを追い求める高度経済成長期の中で、60年日米安保のときのような思想・信条・主義・主張を訴えての国民的な騒乱は起こらずに、終息していきます。

   明るい太陽顔を見せても
   心の中はいつも悲しい
   力を合わせて生きる事さえ
   今ではみんな忘れてしまった

一方、アメリカでも、スチューデントパワーと呼ばれる学園紛争は続いてましたが、世界の覇者たるアメリカは、冷戦構造が続いていた当時のソビエト連邦と、表向き平和利用の宇宙開発競争にしのぎを削り、アポロ11号が劇的に月面着陸に成功して、お祭りさわぎをしていました。

もっとも、1976年のヒット曲であるイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」という曲では、『So I called up the Captain "Please bring me my win"He said, "We haven't had That spirit here since 1969"』とあり、「ワインをくれ。」と注文すると、バーテンが、「ここでは1969年以降、スピリッツ(お酒)はおいてないさ。」と答える場面の歌詞がありますが、これは、スピリッツという酒にひっかけて、「アメリカでは1969年以降(フロンティア)スピリッツ(精神)を失った。」という意味をこめているということらしいです。

   雲にかくれた小さな星は
   これが日本だ私の国だ

アメリカでも日本でも、あるいは、地球規模で、1969年がひとつのターニングポイント(分岐点)だったのかも知れません。
歴史的に見れば、第二次世界大戦が1945年(昭和20年)に終結したあと、戦後のベビーブーム(1948年(昭和23年)生まれ前後)に生まれた世代(団塊の世代)が、1969年に、ちょうど成人に達する年代であったからでしょうか。

   みんなで歩こう長い道だが
   一つの道を力のかぎり
   明日の世界をさがしに行こう

ちなみに、私事ながら、この年あたりが、少年時代に別れを告げて、青年時代、青春時代へのターニングポイントの年だったのかもしれません。(笑)

「五つの赤い風船」は、大阪出身の西岡たかしさんを中心としたフォークグループで、1967年に結成し、1972年に解散しました。
この歌のように多少メルヘンチックながらも、メッセージ性を持った歌が特徴で、とくに、「血まみれの鳩」「まぼろしの翼と共に」など反戦的な歌も数多く発表していました。
(初稿2002.4 未改訂)


遠い世界に

作詞/作曲 西岡 たかし

遠い世界に旅に出ようか
それとも赤い風船に乗って
雲の上を歩いて見ようか
太陽の光でにじを作った
お空の風をもらって帰って
暗い霧を吹き飛ばしたい

ボクらの住んでるこの町にも
明るい太陽顔を見せても
心の中はいつも悲しい
力を合わせて生きる事さえ
今ではみんな忘れてしまった
だけどボク達若者がいる

雲にかくれた小さな星は
これが日本だ私の国だ
若い力を体に感じて
みんなで歩こう長い道だが
一つの道を力のかぎり
明日の世界をさがしに行こう

1969年(昭和44年)
「青春音楽館」トップページへ